NHKは安倍晋三と結託して人手不足を訴えています。

 

理由は安い賃金です。安倍晋三は最低賃金法をなくせと思っていますね。給与を上げる上げろと言っていますが最低賃金を上げません。僅か10円あげましたね。70分の1は上げたになりません。

 

消費税補償さえしてないのです。あり得ない犯罪行為です。自民党は日本国民の代表ではないのです。こんな者に投票するのは本当の馬鹿です。

 

本来の人出不足状態が実は人件費を上げても(2倍3倍にあげても技能のない者を雇って技能講習をして育てても定着しない)足らない状態を云います。

 

日本でそのような人出不足に陥った事は未だありません。

 

昔ですねサンシャインビルを建てるときに駅前に行って突貫工事の足場づくりで働くのに一晩の金額が18000円ですね。足場を作る鳶が3万円です。分かりますか。

 

今から40年前の話ですよ。其れでも人手不足とは言いませんでした。(ちなみに一般サラリーマンが6万円台です。)

 

ということで人権費の時給800円で人手不足とは絶対に言わないのです。人手が欲しければ金を出せということです。

 

マグロ漁船の話をしますと当時結構行方不明になりました。延縄に巻き込まれて居なくなったのか博打でイカサマでもして捨てられたのかわかりません。結構な収入になったのですよ。人手不足ではないのです。

 

今漁船に外国人が乗ってるのは人手不足ではなく自民党に賄賂を渡してやすい人権費になる土人利用が出来るようになったからです。

 

土人利用は商船。、マグロ漁船。運搬船。カツオ漁船。サンマ漁船で日本人漁船員を追い出しています。

 

すき家問題ですが、異常に安い賃金労働です。時給800円で働かせようというのだからお話になりません。賃金が安いのだから人出不足とは言わないのです。夜勤ですから3万円以上出せばいくらでも人手は得られるのです。しかし3万円出して人件費分稼ぎ出せないなら人手不足ではなく産業として成り立ってないのです。

 

分かりますか一杯300円の牛丼では商売になってないという意味です。一杯1000円で販売してお客がつく産業ではないという意味です。

 

分かりますか銀座の寿司屋では人手不足は無いのです。それなりの金を得られるからです。材料だけで100グラム数千円の材料を使うのだからそれなりの商戦が出来る場所なんです。

 

銀座の寿司屋を北海道の田舎ではすぐ潰れますよ。一回食いに行って少し食ったら数万円では成り立たないからです。

 

しごととして成り立たない=人権費が払えないは人手不足とは言わないのです。

 

銀座のクラブ、バーでは昔行った時に座って10万です。飲んで10万今は知りませんがつまり其処で働くホステスは時給万単位です。当たり前です。之を場末のスナックの時給2000円ではまともな女は集まりません。

 

今でも美人さんが集まるのは給与です。人手不足など無いのです。

 

ブラック企業なんですよ。問題はブラック企業が増えすぎたんです。

 

外食産業がそういう状態のようですね。実は人が余ってるから外食産業が出来過ぎてるのです。一食1000円以内で食べれてしかも日本中にこれだけ外食産業が増え過ぎたら利益も糞もないのです。

 

そろそろ安い賃金の企業を切らなければダメなんです。時給1000円を最低賃金にスべきです。 

 

そしてその3倍の賃金つまり時給3000円をだしてしかも自社での教育制度があって初めて人手不足といえるのです。

 

人口減少に合わせてすべてを変えなければダメなんです。

 

少子化で10人学級以下の学校が多すぎるのです。大問題ですね。

 

公務員が多すぎます。減らすべきです。ムダで儲からない企業は潰すべきです。  と言うか自然消滅するのです。

 

外国人が入れば入るほど人手不足になり賃金が下がるのです。

 

そもそも女を働かせるなどナンセンスです。賃金が安くなるだけです。