これまで主流だった保険金が一括で支払われる生命保険と比較すると、「見た目の保険料」

が割安に感じられることと、月々決まったお金が遺族に支払われるという受取り方が魅力

で「収入保障」とネーミングされた保険が流行りのようです。

でも「収入保障保険」というのも生命保険という分類になりますので、課税の対象となる税金

の分類は「相続税」です。

 

被保険者(保障の対象となる人)が亡くなられた時点で、そのご遺族(受取人)が保険会社

から合計でいくら保険金を受取るか・・・を計算して、それを他の相続財産と合算して相続税

を計算します。

月々保険会社から受取るから「所得税?」と勘違いしがちですが、現行税制上は所得税と

は一切関係がないことになっています。

過去には(最高裁判所が判断を下すまでには)相続税と所得税の二重課税されていて

いましたが、最高裁が二重課税にあたり違憲・・・と判決が出てからは相続税のみに

なりました。

 

死亡保険金には500万円×法定相続人の数という控除枠がありますし、相続税にも

基礎控除枠(3000万円+600万円×法定相続人の数)がありますので、よほどの資産家

でないかぎり相続税を支払うことにななりません。