■櫻井よしこ先生の時局講演会に1600名結集!

一昨日22日の夕刻、八尾市プリズムホールで、実行委員会が主催なって櫻井よしこ先生の時局講演会が開催され、弁士の長尾たかし・前衆議院議員の演説もあったので、参加してきた。

それにしても夕刻でありながら会場は一杯、1600名の参加者で溢れかえり、相変らず櫻井先生の人気度が高いこと、また実行委員会の中心的存在である長尾先生が民主を離党、自民党へ入党する意向を示されていることもあったこともあり、話題という点からも注目されていることがよくわかった。

この講演会自体が、解散・総選挙前から準備されていたこともあったが、この時点での開催もまことにタイミングがよかったのではないかと思った。

櫻井先生は、「日本の進路と誇りある国づくり」と題して、気品のある口調で、わかりやすく今、脅威は中国であると断言され、概要、小生が印象深かったのは次の点であった。

・中国はTPPには反対。中国の国内事情を外に知られたくない。中国にとっては、TPPは経済の枠組みを超えて、国内事情が解放されていしまうツールと捉えている。

・温家宝の一族郎党が2200億万円の蓄財をしていることが、ニューヨーク・タイムズ誌でスクープされたが、これも中国国内ではシャットアウト。

・領土領海については、これまで言い続ける世論戦、法律戦、心理戦(軍事戦)の段階を踏んでいる。

・南シナ海の侵略でも明らかなように、軍事力は見せつけるだけでなく、実際に使用する。

・アジア・太平洋は中国を中心として凄まじい軍拡の時代となっている。

・習総書記は、就任演説の中で、「中国共産党」を20回、「偉大な帝国」を30回繰り返し、中華帝国の復活を目指していることが明らかとなった。また「軍事闘争に備える」という文言も使った。

・国内事情の不満を外に向け、その矛先が日本になりつつある。

・我が国は中国と価値観の戦いをしていかねばならない。内外に価値観の違いを明確に示していく。

・我が国には十七条憲法、五箇条のご誓文があり、広く諸問題を議論をして、それで決したことについて、内外に指し示していく歴史を持っており、中国の不正に対しては公正な裁きを行っていくことが必要である。そしてこの価値観の戦いに負けてはならない。

以上、限りなく日本への愛情と持ちつつ、不正には断固として立ち上がる覚悟を持つことを迫られているように実感した。

またその後の長尾先生の挨拶もこれまでのしっかりとした国家観に基づいて国会での活動を展開し、民主党内での孤独な闘いをしてきた経緯、そして自民党に入党を決意した経緯などお話があったが、少なくとも議席をもった議員としてギリギリの選択をしてきたお姿を垣間見ることができた。

国を動かしていくには何が必要であるのかを提示していた講演会であった。

ーーーーーーーーーー

丸山 公紀
mailto:nippon@jp.bigplanet.com
日本会議大阪のホームページ
http://nipponkaigi.jpn.org/