結局月イチ更新に留まってますw申し訳ないw

何とか更新しようとは思っているのですが、時間がなかなか確保できなくて…。

 

言い訳は良くないですねw

来月こそは更新頻度を上げられるように頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

さて、本題に移りますが、皆さんは「予防安全性能アセスメント」というものをご存知でしょうか?

www.nasva.go.jp

簡単に言うと、自動ブレーキとかの事故を未然に防ぐシステムが、どれだけ優れているのか評価しますよというもの。

用意される車はメーカーの広報車ではなく、そこら辺で売っている市販車。しかも、無作為に選ばれていますから、不正が入る余地がありません。

また、テスト条件も全車同一。その車が他の車種と比べてどうか分かってしまいます。

 

最近、国内初の同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載した日産セレナの結果が公表されました。

発売以降何度もこのサイトを確認していましたが、全然公表されないんですよ。

ずっと待ち続けて先月末かな?待ちに待った結果が公表されました。

 

勿論、結果は満点。流石ですね。

50km/hからの自動ブレーキも、当たることなくしっかりと止まっていますね。

結構余裕があるようにも見えます。

どこだったかは忘れましたが、前に一度チラッと「プロパイロットの自動ブレーキは30km/h以上は止まらない」という話を聞きまして、そんな馬鹿な話があるかいと思いつつ、それが単眼カメラの限界かと思っていたのですが、全然そんなこと無かったですねw

セレナの凄いところって、この単眼カメラでここまでの性能を実現できたことなんですよね。

他のメーカーだと、カメラを2つ使ったり、レーダーを併用したりしています。

セレナにはそれが無い訳ですから、誤解を恐れずに言えば簡素な訳ですよ。

しかし、今回はこの実験において他社と同等、もしくはそれ以上の結果を出してきた。

これって凄いことですよね。

 

ただ、その一方で、やはりまだ過信はできないかなというのはありますね。

この試験は全車同条件の下行われていますが、その条件は好条件なんですよね。

晴れた日に晴れた路面で行いますから、持てる力をすべて出し切れる。

でも、悪天候になってくるとどうなるの?ってなってきます。

勿論、これは単眼カメラに限った話ではないですが、単眼カメラは特にその懸念があります。

先日起きたプロパイロット使用中の事故も、確か悪天候時の事故でしたよね。

対応しているか否か以前にシステムの仕様の可能性もありますが、やはり悪天候下の事故は気になるところ。

当たり前ですが、やはりまだまだ自分自身が安全に気を配る必要がありますね。

 

とはいえ、予防安全性能アセスメントで満点を取れたのは凄いことですよ。

色々言われていましたが、とりあえずは安心できそうですね。

近日中に新型エクストレイルの記事も書きたいと思います。

見たところなかなか良さそうですからね。もっと勉強して確かめてみたいところです。

 

 

今日はこの辺で。

 

それではまた!